一口にニキビといっても、大人ニキビと思春期ニキビにできる原因にも違いがあることはご存知でしょうか。

 

10代ごろに悪化するとされている思春期ニキビは、皮脂の過剰分泌が原因で起こるとされています。
思春期というのは、体の成長のために成長ホルモンが多く分泌される時期でもありますが、そのホルモンは同時に皮脂の分泌も促すとされているので、毛穴が詰まりやすくなり雑菌が繁殖してニキビができやすいのです。

 

そのため、しっかりと過剰に分泌された皮脂を洗い落としケアしてあげることで改善されることが多いとされています。

 

一方、大人ニキビは思春期以降にできるニキビのことです。

 

思春期ニキビの原因が皮脂の過剰分泌だとはっきりしているのに対し、大人ニキビの原因は様々なことが要因となって起こるとされています。

 

もちろん、スキンケアを怠ることでできやすくなるとされていますが、皮脂を落とし過ぎたことで肌が乾燥すると肌を守ろうとしてさらに過剰に皮脂を分泌させることでもできやすくなります。

 

そのほかに考えられる原因は、生活習慣です。

 

不規則な生活や偏った食生活、過度なダイエットによる栄養不足や睡眠不足、精神的ストレスや喫煙習慣、アルコールの摂取やホルモンバランスの崩れが影響してもニキビができやすくなるとされています。

 

特に、年齢を重ねることで肌を修復したり再生させる作用であるターンオーバーが正常に働かなくなるとニキビができてもきちんと修復されずに残ってしまうことも多いとされています。

 

また、思春期ニキビが皮脂を洗い流すことが改善の手立てだったのに対し、大人ニキビの場合保湿や生活習慣の改善などが重要となってきます。

 

大人ニキビを作りたくないのであれば日頃から栄養バランスのとれた食事や良質な睡眠、禁煙やアルコールを控えるようにするなど規則正しい生活を送れるように心がけることが大切となってくるのです。

 

 

ノンエーについて詳しく知る